SHS2017探訪記:ガンダムの巻

静岡ホビーショー2017探訪記ですが、今回はバンダイ。
特にまずは「みんな大好きガンダム」特集から。

鉄血のオルフェンズが終演を迎え、次のガンダムに注目が集まっていたわけですが。
次のバンダイの一押しが、ブース入ってすぐ大きく展開。


少し前から告知はされていたのですが、ビルドファイターズの新作がスタートする模様。
映像企画ということだけ発表で、現時点テレビなのかOVAなのかはまだわかりませんが。


大きくわけて2作の企画で行く予定の模様です。「GMの逆襲」「バトルローグ」
内容は未定のようですが、新MSがいくつか公開されました。

まず主役級であろうこの機体。

明らかに「粒子をどうした?こうした?」を内蔵してそうな機体ですね。
製作にイ○リ流?が見受けられるのは、私でもわかります。

そしてGMの逆襲のタイトルよろしく、謎のGMも3機登場。

GMっぽいのと、なにやら顔が違うのが3機・・謎ですね・・。
1機はGレコ的なデザインですね・・。

そしてシリーズ全体を通しての新ガンダム?として。

「忍パルスガンダム」”にん”パルスと呼ぶそうです。にんにん・・。

そんな新機体の他にもビルドファイターズ関連では気になる商品が・・。

当初、エンディングに出てきていた委員長のコスプレ姿がまさかのプラモ化。


しかも各種キャストオフ的な着せ替え可能とか・・。

そしてその隣に参考出品されていたのが・・。

まさかのギャン子ねーさんじゃないですか。笑。
まさか、このノリで各種展開。某FAGに対抗するつもりでしょうか?
バンダイ担当さんにそのまま聞いたら苦笑いしてましたが。次がありそう・・。

さて、今年夏にお台場には1/1ユニコーンガンダム立像が立つのは承知の事実。
それに併せて?バンダイも新商品でユニコーン商品をラインナップ予定。
今回の目玉が、「RGユニコーンガンダム」

もちろんRGなので1/144ですが変身可能!
サイコフレームは新技術「アドバンスドジョイント採用」にて再現。
ユニコーンモード時に外装は若干グロスかかっていてかっこよかったですよ。

そしてお台場立像を再現できるモデルも登場。
久々1/48のメガモデルで、ユニコーンガンダム(デストロイモード)登場。

お値段もお手頃にとても大きなモデル全高44cm!となってます。

次に紹介するのは、開発中のサンプルモデル。
「MG ZZガンダムVer.ka」です。

仁王立ち・・かなりごつく見えて格好いいです。
こちらはMGなので当然完全変形可。
作りがいもあり、非常に楽しみな製品ですね!

そのZZの劇中に出ていた、あのライバル機体がRE1/100シリーズに登場。

マシュマー様の愛機。ハンマハンマです。すごく大きくて格好いい。
これは薔薇の花を添えて飾りたいものです。

UC系からHGUCで2種が発表。

ガンダムUC、トリントン戦で活躍したイフリート系の異端児。
イフリート・シュナイドが登場。


そして名機ジェガンの迷彩仕様DタイプもHGUC化。


人気のあるブルーディスティー1号機のEXAM仕様も登場します。

そしてこちらも新映像シリーズ「Twilight-AXIS」から・・。

ガンダムトリスタン

ザクⅢ改(赤)が出品されていました。こちらも気になるシリーズですね。

UC以外でもいろいろ出品されていました。


近日発売予定のMGジャスティスガンダム。


オルフェンズ外伝のダンタリオン・・(腕どうなってんだ・・これ?)

最後に、ハイレゾリューションモデルで、ウィングガンダムゼロ(EW)が出ます。

なんだろう・・宝塚的なゴージャスさで格好いい!


こちらがフレーム。これは格好いいですね。

そんなわけで、他にもいろいろありすぎて紹介しきれませんが・・。
今後発売予定品のバンダイのガンプラ出品特集でした。

やっぱりガンダムシリーズは偉大だな・・。